英会話学習(Listening)

英語学習(Listening)のページでは、日本語と発音の違いや英語独特の発音方法「Linking(リンキング)」について紹介・解説します。 日本語と英語の発音の違い、これは説明するまでも無くほとんどの日本人が経験していることでしょう。発音でも特に日本人にとって難しい「L」と「R」の使い分け、下を噛むようにして出す「Th」の発音など日本単語の発音に使われていない音は英会話の上達を目指す日本人にとっては悩みの種と言えます。
                                                  
                                                  
しかし発音に関していえば、一つ一つの音節の問題に加えてさらに重要なポイントがあるのです。それは「文章全体の発音」。日本語と英語の発音の違いで注目すべき点は、英文章全体の抑揚(イントネーション)と単語をつないで発音する「リンキング」となります。 解説用に例文を一つ挙げると、

“ It was nothing at all. “

この英文を日本風、つまりカタカナにすると「イット・ワズ・ナッシング・アット・オール」、という具合にイントネーションをほとんどつけずに発音することになります。英語を習い始める中学から高校まで、おそらくこのカタカナ発音で勉強を行っているところがほとんどでしょう。しかしネイティブスピーカーとの会話で上記文章を喋ってもらうと、我々に聞こえるのは「イッワズナッティンアットール」です。このように聞こえるのは早口で話しているからではありません。これは次に発音される英単語をつなぎながら発音する「リンキング」によるためです。リンキングに慣れるだけでもなかなか大変ですが、さらにやっかいなのが

page1

「イントネーション」。日本人が話す日本語は言ってみれば平坦な発音ですが、ネイティブスピーカーの場合強い抑揚とともに英文を発音します。このため文章表現のなかで弱く発音する部分をほとんど聞き取れない場合が多いのです。 また、アクセントの位置が異なるだけで自分が認識しているのとはまったく違う文章に聞こえます。上に紹介した "It was nothing at all" のアクセントの位置は "It" の第一音節および "nothing" で、"at all" は小さく発音されます。 この文章は、日本語で「なんでもない(気にしないで)」と言う意味になりますが、日本人が「な」、「ん」、「で」、「も」、「な」、「い」とそれぞれの音節一つ一つをきちんと発音するのとは大きく異なるのがわかると思います。このようにネイティブスピーカーの発音は、 私たち日本人のイメージとはまったく異なった音で耳に入ってくる場合が殆どです。初心者にとっては個々の単語の発音も英会話にとっては大事なポイントとなりますが、それだけを練習するのではなく「文章全体の発音」にも慣れる必要があります。 そのためにもネイティブの発音をたくさん聞く機会を設け練習することです。海外のラジオやニュースを見ることができるのであれば、短い簡単な英文のネイティブ音声を何度も繰り返し聞いて、後に続いて発音する練習を行ってみましょう。 ネイティブ音声によるトレーニングではできるだけネイティブになりきり、発音とイントネーションを可能な限り真似るように心がけましょう。 ネイティブの発音に慣れることはリスニングや英会話の上達の第一歩です。

HOME | SITE MAP | ページの先頭へ
Copyright(C)2008 English-Note All Rights Reserved.