英単語暗記のコツ

英語を上手に話したり聞いたりするためには書き取りや読みとりの練習が必要ですが、英単語を覚えないと話になりません。しかしこの英単語は数も豊富なら意味もまた数多くあります。日本でさえ熟知してないのに英単語を覚えるのは難しいと考える方も多いと思いますが、どうしても覚えられない、からといってやみくもに暗記しようとしする方もまた多いようです。英単語の暗記にはいくつかコツがあって、そのいくつかあるコツの中でも特に効果思われる「語源」と「単語の足し算」についてご紹介します。

○英単語の分解と意味

分解する英単語として「hexagon(ヘキサゴン)」を例に挙げてみましょう。まず「hexagon」を「hexa」と「gon」に分解します。

hexagon = hexa + gon

上記のように分解されますが、「hexa」と「gon」の部分は、それぞれ「6:hexa」、「〜角形:gon」を意味しています。 つまり「hexagon」は「hexa+gon(6+角形)」で「6角形」という意味となることがわかると思います。 6角型だけなく他の図形でも同じ構造が見られるので紹介しておきます。

  • penta(5)+ gon(角形) = pentagon(5角形)
  • hepta(7)+ gon(角形) = heptagon(7角形)
  • octa(8)+ gon(角形) = octagon(8角形)

○英単語は語源の足し算

上記にて紹介したhexagonなどを見てもわかるとおり、英単語の中には足し算のような構造になったものがあります。英語は歴史的側面から見ると、様々な外国語を借用して現在の形に至ったという経緯があります。

page1/page2

「hexagon」がもともと英語ではなくギリシャ語やラテン語に由来したものであるように、単語の中には語源学的に分解することができるものがあるのです。この足し算のような構成がされている英単語の数は全英単語の7割以上にものぼります。この事実はつまり、大多数の英単語は意味のあるパーツの組み合わせでできていると考えることができます。よく使われている単語のパーツの意味さえ把握しておけば、多くのの英単語を効率よく覚えることが可能となるのです。 実際に単語を3つほど例に挙げてみましょう。

  • 「voice(声)」
  • 「vowel(母音)」
  • 「provoke(怒らせる)」

上記3つの単語はラテン語の「vocare」が元になった「voc-(声)」という共通パーツが含まれています。 中でも「provoke」は「pro(外へ)+voc(呼ぶ)→感情を外に出す→怒らせる」と意味が転じて変化したとされています。 単語の成り立ちから考えれば、ただ英単語をそのまま丸暗記するよりもずっと楽しくラクに効率よく単語を覚えらることができます。 また分解後の構成パーツのどれか一つでも意味を知っておけば、初めて聞く単語でも意味を推測することができるメリットがあります。 ページ最初に紹介したの「octagon」の意味を仮に知らなかったとしても、「hexagon」の意味と「octopus(タコ=8本足)」の意味を知っていれば、 似た部分を組み合わせることで「8角形」という意味を導き出すことが可能なのです。日本の事情に例えれば、漢字の「へん」を見ればその漢字が持つ意味がある程度判別できるように、語源は英単語の意味を推測するヒントになり、語源と足し算に重点を置いて英単語を覚えればボキャブラリーを間違いなく増やしてくれます。

HOME | SITE MAP | ページの先頭へ
Copyright(C)2008 English-Note All Rights Reserved.