英会話学習(Speaking)

このページでは主に、英語学習における「喋り(Speaking)」練習についての紹介と解説をしています。

○とにかく反復練習が必要

英語を話すトレーニングには特殊な練習法を用いる必要はありません。 特に英語を学び始めたばかりの初心者の方の場合、地道な反復トレーニングの有無がそのまま上達の有無に影響してきます。 スピーキングの場合、英語の発音と英文法についてある程度知識がと何らかのテキストがあればいつでも、どこでも手軽に練習出来ます。 英語を喋る練習と言っても、「スムーズに喋れるようにするトレーニング」と「自分が伝えたい事を英語で言えるようにするためのトレーニング」 という2種類に大別されます。この2種の練習は日本語訳がついた英語スクリプトをテキストとして使うことができるので、 ヒアリング用のテキストであれば何でも構いません。 「スムーズに喋れるようにするトレーニング」は、ひたすら反復するリピーティングを欠かさないことが肝心で、「自分が伝えたい事を英語で言えるようにするためのトレーニング」については、日本語訳のついた英語のスクリプトを使用して、英文を見ながら繰り返し音読するのが主な内容となります。まず最初に日本語訳を見て、その文を英訳で声に出して喋ってみます。その後に英文に目を通して間違えてる部分があるかどうかのチェックを行います。間違えた部分があったら再度練習し、ミスがなくなるまで反復します。次に、記憶した英文を違うシチュエーションでも使用出来るように、英文の中の単語を別のモノ、主に身近なコトやモノに置き換えて自分の好きなように喋ってみるという応用練習をしましょう。英語を上手に喋れるようにするためのトレーニング教材はどれを選べばいいのか判断に困るくらいの数がありますが、特にこだわる必要はありません。専門書籍や参考文献がなくとも、何らかの英会話用のテキストさえあれば出来るのでお手軽です。録音できるカセットテープやデジタルレコーダーがあれば、自分が喋っているのを録音・再生して、聞きなおし確認するという練習も非常に効果的なのでおススメです。特に、英単語や英文章が音声で入っているCD教材があれば、教材の英語の音声と、自分の発音・喋り方を聞き比べて昇華させるとのもいい練習になるので、機材が揃っているのであれば試してみましょう。

○英会話に必要な表現

街中で外国人に突然次のように英語で話しかけられたとき、あなたは何と答えますか? ちょっと考えてみてください。

page1/page2
市役所はどこにありますか?

日本であれば簡単に説明できることでも、英語だと勝手が全然ちがいますね。どうでしょう、上記の質問に対して英語で説明できるでしょうか?この質問は比較的簡単なので答えられる方も多いのではないでしょうか。更に次の質問ですが、下記のような状況を想像してみましょう。

同級生の名前が思い出せない状況だと仮定して、他の友人に昔の同級生の名前を聞いてみますが、その同級生のことをどう説明しますか?

級友を見つけたはいいものの、長く会っていないせいで名前が思い出せず、しかたなく隣の友人に名前を確認するという状況ですが、この場合同級生の特徴などを英語で説明できるかどうかが鍵となりますね。人の特徴を表す表現を知っていれば特に難しくない問題ですが、知らない場合は別の表現を考える必要があります。別の表現にする場合は、その別の表現が適切かどうかというポイントにも気をつけなくてはなりません。 このように、英語で話をするときはその状況に最適な表現を知っているどうかが重要なポイントです。覚えている英単語で説明できる場合であれば構いませんが、表現や単語を知らないまま無理に説明しようとしても結局通じないという状況に陥ってしまいます。英単語、引いては英語表現を知らないということは、英語を喋る方と話していても相手の言っていることを完全に聞き取れない、理解できないと言うことにも繋がることになるのです。日本人の多くは英語を喋ることが苦手で、その理由の一つに「下手な英語で恥をかきたくない」というものがありますが、英語の表現を知らないから喋れない→だから英語を聞くことができないという悪循環にハマってしまい更に英語に対する自信をなくしてしまう方は少なくありません。 この「英語に対する自信」は英語上達に必須とも言える心構えなので、自信を無くしてしまうような状況はなんとしても避けたいところです。 英会話を上達させるためには、まず英単語と豊富な英語表現を覚えることです。これらを覚えるために市販の表現集を使ってなんら問題ありません。 英単語集や表現集を購入せずともインターネットで閲覧できる英字新聞で関心のある英語表現をそのまま丸暗記しても構わないのです。とにかく覚えれるだけ覚えてみましょう。覚えるときはできるだけ、文脈の中で単語と表現を覚えてみましょう。文脈と表現の両方を理解することが英語上達への高い効果が望めるので、会話の流れの中で自然と最適な表現を選択できるようになり、聞き取れる範囲も広がっていきます。最初は大変辛い作業になりますが、覚える単語と表現が多くなればなるほど楽になっていくので、地道にこつこつと覚えていきましょう。

2016/7/8 更新

HOME | SITE MAP | ページの先頭へ
Copyright(C)2008 English-Note All Rights Reserved.